ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評

内観療法』(ミネルヴァ書房)書評                

近畿大学臨床心理センター長 人見一彦 


本書は刺激的な本である。本書は内観療法の基本的な考え方や技法、その活用方法について、心理臨床家をはじめとして一般市民の方々に広く読んでもらいたいという意図によって編纂されている。精神的に健康な人々に対する自己啓発的な効果から、精神病的な重いこころの病理をかかえておられる事例まで、具体的に丁寧に紹介されており、しかもコメントが添えられている。それぞれの関心事に応じて、事例編からひもとくのもよい。
 ここで刺激的と表現したのは、内観療法の本質な部分についての意見が述べられ、魅力的なコメントが展開されているからである。例えば、竹元のギャンブル依存症の事例における「内観療法は定型的で画一的な技法であってもさまざまな症状や行動の変化に有効であるのがわかります」という考察に対して、真栄城は「この言葉は、どこか複雑な理論を有する療法に対する内観療法家のコンプレックスを代表しているように感じます。それで、この際は『内観療法においては、内観者自身のうちに潜在する法灯(理論)に導かれて問題が解決されるのだ』と胸を張って言いたくなったのです」と本質を突く鋭いコメントをしている。続いて真栄城は、「内観療法は所定の手続きさえ踏めば、面接者が誰であってもかなりの程度の効果を発揮するので、これまで理論の出る幕が少なかったのでは」と振り返り、難治例への検討を提案している。三木は、吉本伊信/キヌ夫妻の人柄を紹介しながら、「後学者が彼の一言一句を金科玉条と見なさず、自由な発想で内観を研究できる可能性が開かれているといえます」と述べている。この可能性を大切にしながら、治療過程、治療機序を検討することがこれからの大きな課題であろう。
このことに関して、立花による人格障害の考察は大きな回答であろう。困難な事例の丁寧な治療過程を紹介しながら、「患者のこころの大きな葛藤を尊敬の念を持って傾聴」することを通じて、「患者の怒りを包み込む」ことになり、その結果、「境界例の精神療法の中でおこりがちな投影性同一視による混乱は内観療法ではおこりづらく、患者は自分の分裂した対象と向き合わざるを得なくなり、患者の内面の中での分裂した対象の再統合につながっていきます」と述べている。治療関係を通じて展開されるこのような精神力動への洞察を通じて、「理論の出る幕」が上がることになろう。
堀井らによるうつ状態(気分障害)、双極性障害に対する事例報告も、薬物療法に加えて再発の予防の効果という側面から今後の発展が期待される。栗本による統合失調症の事例報告では、精神科医であること自体についての「内心の観察」の重要性を、自己のささやかな臨床体験と重ねて読ませていただいた。患者にとって治療者との出会いが大事なように、精神科医にとってもこころの指導者、スーパーバイザーとの出会いは決定的なものであろう。広く心理療法に関心を抱く方々に是非一読をお勧めしたい。
スポンサーサイト

―書評―
東洋思想と精神療法


―東西精神文化の邂逅―

川原隆造・巽信夫・吉岡伸一[編](日本評論社)


真栄城 輝明(大和内観研修所)



 編者・川原隆造によれば、「今世紀の医療における大きな潮流として統合医療が注目されつつある」ようだ。そういった時代に、本書が出版されたことはタイムリーなことである。
統合医療は、前世紀に飛躍的な発展を遂げた近代西洋医学の限界が指摘されるなかで、その西洋医学を代替、相補、統合しなければという反省から生まれたことは周知のことだろう。
そこで、注目されるようになったのが、伝統医学である。今、世界の関心は東洋思想を背景にわが国で生まれた内観療法と森田療法に向けられている。とりわけ内観療法は、2002年8月に横浜で開催された第12回世界精神医学大会において講演とシンポジウムまで企画され注目を浴びたことは、内観研究の第9巻で堀井茂男が伝えている。そのときの熱気が2003年10月に第1回国際内観療法学会(第6回日本内観医学会と併催)を開催させるエネルギーになったように思われる。今回、本書の頁をめくりながらそう思った。両大会に出席した読者であれば、当日の、国内外から多彩な学者や臨床家が参集して繰り広げられた活発な論議の場面を再び味わうことができよう。あるいは仮に、出席できなかった読者にしても、時代が内観に求めているものに触れることができるはずである。
たとえば、第1章の金光寿郎は放送ディレクターとしてNHKの「心の時代」の担当者として有名であるが、自分自身の内観体験を踏まえてこう述べている。
「現在の自分の元型である小さい頃の自分の意識を掘りおこすことによって、自己中心の意識の歪みが見えてきて、懺悔とともに自然に歪みが矯正され、正しく全体が見えるようになる」(8頁)と。金光の「東洋思想史と内観」には、仕事柄、真髄を究めた人たちとの出会いを通して吸収してきたと思われる至言が随所にちりばめられている。
第2章の長山恵一と北西憲二の論考は、第6章の村瀬嘉代子とセットにして読んだ方がよいだろう。そうすることでシンポジウムの臨場感を味わうことができるからである。
第3章は中国における内観療法の導入と展開が紹介されているが、彼国の精神科医の手にかかると内観の味付けがこんなにも変わってしまうのか、と日本の読者が腰を抜かして吃驚仰天する様子が目に見えるようである。しかし、それは読んでみてのお楽しみとしよう。
第4章に登場したD.K.レイノルズは、西洋の精神療法はもとよりであるが、森田と内観にも精通した、まさに東西精神文化の邂逅を語らせるのにこれ以上の適任者はいないはずなのに、どういうわけか本書の中では読み辛い章となっているのが残念だ。今回、氏の論考は訳者を得なかったことが惜しまれてならない。日本語になっていない箇所が気になった。東西精神文化の邂逅は、著者と訳者の双方がそれ相当のエネルギーを出し合ってこそ成就するものだ、ということを反面で教えてくれている。それに比べて、第5章を担当した韓国の精神科医、白尚昌の日本語には感嘆させられた。内容も深く、読みながら引き込まれてしまったからである。本書に、巽信夫の終章は欠かせない。読者は川原の序の後、そこを先に読んで貰っても良いと思う。簡にして要を得た章なので、本書を俯瞰するのに好適であろう。(敬称略)
【本文は、「精神療法」(金剛出版)Vol.31,No.3に掲載された原稿に加筆・修正を施したものである。】

No.21

***************
心理療法としての内観
真栄城輝明著
朱鷺書房、2800円、2005年3月刊
 (神戸松蔭女子学院大学)三木善彦
***************
内観療法はクライエントが自分の対人関係を、「世話になったこと」「(世話を)して返したこと」「迷惑をかけたこと」の3点から振り返り、面接者に簡潔に報告するという単純明快な心理療法である。その基本である集中内観法では1週間の宿泊研修で、クライエントと1~2時間ごとに3~5分面接するという形態であり、早朝から夜遅くまで世話をする面接者側の負担は大きい。そのため実施する施設は限られ、日本国内で研修所は10数カ所、病院は数カ所である。そのため内観療法の実践的研究者も限られており、本格的な研究書が少ないのが私たち内観療法家の悩みであった。その意味で本書は待望の書である。著者は精神病院で内観療法を20数年間実施し、最近、創始者・吉本伊信の研修所を継いで臨床経験を重ねている。本書は30年にわたる内観療法の経験を凝縮し、考察を加えた労作であり、内観療法に関心のある人々にとって必読の書となるであろう。
第Ⅰ章で内観のルーツをたどり、第Ⅱ章で内観の治療構造を外的構造と内的構造にわけて述べている。第Ⅲ章では内観療法研究の方法を心理テストと間主観的方法論で光を当てているが、後者では一つの事例をめぐってクライエントの視点、面接者の視点、研究者の視点という3つの視点から考察しているのは興味深い。事例研究においてこのような複眼的な研究が将来も行われるならば、さらに豊かな知見を得ることができるであろう。第Ⅳ章では内観の臨床応用として、アルコール依存症、ターミナルケアなどの事例、統合失調症やアルコール依存症の家族成員に対する内観の効果が論じられている。第Ⅴ章では内観臨床をめぐる考察として、理論の有用性などについて述べている。さらに著者の該博な知識を反映する参考文献はもちろんのこと、豊富な内観関係文献一覧は今後の研究者にとって役立つものである。
ところで、本書には多彩な事例が紹介されている。例えば統合失調症の母親をもつ青年は、「『入退院の繰り返しで母はほとんど家にいなかった。だから、お世話になったことはなかった』と自嘲気味に話していたのだが、内観4日目のふた廻り目になって、『母は幻聴に悩まされながら、ブツブツと独り言を呟きながら台所に立って僕の弁当を作ってくれていました』と報告して後、泣き崩れてしまった。」この事例に限らず、著者はクライエントが周囲の人々の愛情を感得し心の絆を結んだ瞬間に数多く立ち会っている。だからこそ、「何のために内観をするのか? 内観のエッセンスはなにか? と問われたならば、『心を病んだり、不幸な出来事に遭遇したり、人生の荒波に呑み込まれそうになっておぼれかかったとき、魂の深淵からの声を聴くためにするのです』と答えることにしている」という言葉が出てくるのであろう。もちろん、魂の深淵からの声を聴くのを援助するのはどの心理療法でもそうであろうが、とくに内観療法の場合に強く感じるのは私のひいきか?

(本文は、内観研究12巻p87から転載しました。)

NO.6
読書案内

  「心理臨床からみた心のふしぎ-内観をめぐる話-」 真栄城輝明著  発行 朱鷺書房  1.600円
                   
                     市川 富雄(やすら樹編集長)

 著者は改めて記すまでもなく、目下「やすら樹」に「内観をめぐる話」を連載中の臨床心理士で、長年つとめた病院臨床の場から、2000年の3月に大和郡山の研修所長に就任され、その節目に当たって刊行されたのが本書です。
 内容は、Ⅰ心に聴く-子どもに導かれて- Ⅱ心のきずな Ⅲアルコール依存症と共に Ⅳ心のふしぎで、(他に詳細な「吉本伊信年譜」)4章にわたって収められた36の論考には、それぞれに現代の問題意識がこめられていて、極めて深い味わいがあります。
 まず、巻頭の「私の心理臨床」では、「どういうわけか、私は学生の頃から子どもが好きだった」のに、教授に連れて行かれた最初の勤務先の病院で、院長から「アルコール依存症の担当も」と依頼され、「渋々、了承する」ことになってしまうのです。実にこの瞬間から著者のアルコール症者と共に歩む長くて深い内観の道が始まったわけで、人生ドラマの開幕を見るようです。
 次々と読み進むうちに、アルコール臨床の場に腰を据えた上で、家族・子ども・教育などの領域に積極的に関与していく著者の姿が現れていきます。ことに中学校で「道徳」の授業に三たび取り組み、「内観的授業」を展開するなど、ただただ感嘆するほかはありません。(「家族関係のふしぎ」)
 また、著者の子どもたちへの優しさを表す次のような文も見られます。「少年野球のコーチを引き受けたとき、コーチとしての私の役目は、ちょっとでもファインプレーをしたり、捕れなかったボールが捕れたとき、子どもたちのお尻をポンと叩いてやることだと考えた。一人残らずチーム全員のお尻をポンと叩くことが、コーチとしての私のささやかな夢なのである。」(『面接者』考)
 そして続けて、コーチの役割として「内観の面接者と同じことをしてきた」と述べ、内観面接者は「相手の悲しみを共に悲しみ、喜びを共に喜ぶことにエネルギーを注ぐ専門家」であって、「そのやり方を心理学は『共感』と呼んでいる」と記しています。
 「共感」ということは本書の随所にふれられていて、全巻を流れる主旋律と言えます。そして共感は、面接者と内観者、治療者と患者関係の中だけでなく、断酒会の場で、仲間同志の間に発生する共感もあり、その相互治癒力の効力も紹介されています。(「共感について」)
 一般にアルコール症者は「自己愛人間」と言われていますが、「周囲の愛情を人一倍求める彼ら、自己愛人間は誰よりも自分自身から愛されねばならない」として、そのために、まず自分自身との対話、そして内観療法が有効であるとした「続・断酒人間考」は著者が到達した深い人間洞察の精華でありましょう。本書の後に続く『内観療法論考』(「あとがき」参照)の完成を節に期待したいと思います。

(本文は、平成13年7月発行のやすら樹68号より転載しました。)

カテゴリー

プロフィール

大和内観研修所

Author:大和内観研修所
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。