ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆特集―第十九回内観療法ワークショップ◆

初めて「内観」の空気に触れて                

山内篤男 (沖縄県)


第十九回を数える内観療法ワークショップ奈良大会に初めて参加させて頂いた。小生が参加するに至った理由は内観に興味があったからではなく、今回、大会長の大任を果たした真栄城輝明君が中学校の同期であり、今年の年賀状に十月下旬に奈良でワークショップを開催するので参加しないかとの誘いがあったからである。  
しかし、内観については良く知らないし、参加する気はそれほど強くはなかった。そして、今年の六月に彼が講演のために帰省するというので、同期生が開催している模合い(頼母子講)をその日に合わせて彼の歓迎会をしたときの席でも、彼からワークショップへの誘いがあった。しかしその時も、私には参加の意思はなかった。それからしばらくして、内観療法ワークショップ開催に向けたパンフレットが郵送されて来た。すると、女性陣の中から「同期生が活躍している姿を直に見たいし、みんなでカリー(景気)を付けに行こうよ」との声が挙がった。沖縄では、酒宴で、乾杯の音頭を発するとき“カリー”と言い合って、お互いを祝福する習わしがある。「今回のワークショップでは、同期生が大会長を務めるというじゃないか、それならみんなで奈良まで行ってカリーを付けてやろうじゃないか」と言うことになった。懇親会で披露した幕開けの踊り(かぎやで風)に始まって、サンシン付き沖縄民謡の合唱、さらには最後のカチャーシーの中で、参加できなかった仲間のぶんも含めて、彼へのエールを思いきり表現させてもらった。
さて、ワークショップに参加しての感想を言わせてもらうと、内観に携わっている皆さんは優しい心と笑顔の持ち主だと強く感じたことだ。わずか二日間ではあるが、その中で過ごしただけなのに、私自身「心優しい人間」に少し近づいたように思っている。周囲がそういうから間違いないだろう。それにしても、今振り返るだけでも赤面してしまうのだが、「ワークショップに参加したふりして、大会長の挨拶だけ聞いたあとは奈良市内の観光と正倉院院展が見られたら」というとんでもないことを考えていた。
ところが、私以外の同期生達は(総勢十二名)輝明さんが活躍する姿を見たいという気持ちと内観を少しでも理解したいとの思いが強かった。ワークショップ開催の前日に奈良入りしたわれわれ同期生は、再会を祝して駅前の「贔屓屋」という居酒屋で閉店まで話し込んだ。勿論大いに盛り上がったことは言うまでもない。ワークショップが明日、明後日に控えていることを忘れたわけではないが、その後居酒屋から引き揚げた後もホテルの一室に集合し、皆ほとんど眠らず朝まで話し込んでいた。しかし、みんなさすがに内観を少しでも理解したいとの意気込みがあり、誰一人遅れることなく受付を済まし、一日目の青木先生の特別講演、宮川先生の体験講話の後は入門コース、応用コース、専門コースへと分かれてそれぞれ参画した。小生は分科会に参加せず抜け出して観光と思ったが、たった二時間の特別講演そして体験講話を聞いているうちに興味が湧き、観光を断念し他の五名と一緒に応用コースに参加した。パネリストの皆さんの話を聞きながら、内観の奥深さを知った。内観というものが教育にも応用できることを知ったからである。前日ほとんど睡眠をとっていなかったが意外にも眠気がなく、充実した気分で一日目を終えることができた。女性陣もサイボーグではないかと思うほど元気そのものであったし、彼女等の口から「参加して非常に良かった。輝明さんに感謝しなければ」との感想が出た。そして、一日目の終了後、我々同期生全員は、懇親会に参加させていただいた。そこは、沖縄にいるのではと錯覚するほどであった。とりわけ、最後に全員で踊った「カチャーシー」は、強く印象に残った。その余韻を引きずっていたせいか、ホテルに帰って、解散かと思いきや、ほぼ全員が一室に集い、その日もほとんど眠らず語り明かしたのであった。そのような状態で、二日目に臨んだのである。おそらく何人かは居眠りするだろうと思っていたが、「混迷する現代をどう生きるか」というシンポジウがそれぞれ専門的立場の含蓄のある話であったことから、会場を見回したところ居眠りをする者もなく真剣に聞いていたのには改めて驚いた。
昼食は、みんなで寿司屋に向かった。腹も十分満たされて、睡魔に襲われるかと思いきや、薬師寺の安田管主の講演でも、全員が目を輝かせて聞き入っていたのには感心してしまった。
そして、プログラム最後の内観体験発表がまた大変良かった。大和内観研修所で内観を体験した二名の方が堂々と実名で体験談を話すのを聞いて、心底驚いた。
内観ワーショップには、政治家や国の役人あるいはモンスター・ペアレントと言われている父兄等、自分が悪いのではない、他人や世間が悪いと思っている方々に参加してもらいたかった。
小生も我が強い方だと思っているが、そういう人でも変わることができるんだと思った。参加した同期生達の表情も心持ち穏やかになっていたが、これも内観の空気に触れた効果だと言ってよいだろう。小生自身が、「他人にしてあげている」「相手のためにやってあげたのに何故わかってくれない」等々の思いが強かっただけに、今回のワークショップに参加したことにより、「他人にしてもらっていることに気付かせてもらい、感謝の気持ち」が持てるようになったのは大きな収穫であった。まさに私の心体は「無い観」から「内観」へ現在増殖中のようだ。
最後になってしまったが、真栄城輝明君と大会運営のスタッフ、並びに大会を盛り上げてくださった講師の先生方に感謝したい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

カテゴリー

プロフィール

大和内観研修所

Author:大和内観研修所
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。